ひとりごと 無料レポートで情報起業!

< スポンサードリンク >

2007年10月25日

大丸のおせち

2007年も残すところあとわずか。
年末・年始の準備もそろそろ考えていかなければいけませんね。

大丸のおせちならば、オリジナルおせちから、有名ブランドや料亭の力作など多彩なおせち料理からお選びいただけます。 海の幸、大地の恵みに感謝し、楽しく美味しく新年を迎えてみてはいかがでしょうか。 → 詳しくはこちらから!
posted by tune4112 at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(3) | ひとりごと

2007年10月11日

バナー広告よりもテキスト広告

アフィリエイトを始めたばかりの方のサイトに目立つのが、サイトやブログにただバナー広告をペタペタと貼るだけの行為です。

バナー広告は確かに見栄えもよく内容も伝わりやすいので使いたくなる気持ちは分かるのですが、アフィリエイト業界において成果をもたらしてくれる広告素材かというと決してそうとはいえないようです。

インターネットの世界では、バナー広告のクリック率はどんどん下がって来ています。ユーザーが「これは広告だから無視してOKだ」と認識してしまうと、どんなにそのバナーの内容が良かったりバナー自体がキレイだったりしても、そのユーザーはクリックしてくれません。

今のアフィリエイト業界で成果を上げるには、いかにテキスト広告を主体に活用していくか、という点が重要になってきます。テキストが豊富なページは検索エンジンにも拾われやすいため、テキスト広告を上手く文章内に盛り込むことでページのコンテンツ力が高まり、結果アフィリエイトでも成果へと繋がるのです。

もちろん、バナー広告の全てを否定するわけではありません。目立つ位置に、定期的に新しいバナー広告を配置してあげることでユーザー興味を引きアフィリエイト成果につなげることは十分可能です。ただ、効率という点ではどうしてもテキスト広告に劣ってしまうのもまた事実なのです。

もしページの構成上どうしてもバナー広告を掲載したいという方は、ぜひそのバナーの横や上下にテキスト広告を含んだオリジナルな紹介文章を書いてみてください。その文章を読まれた方が、バナーをクリックしてくれるかもしれません。

現在のアフィリエイト業界はテキスト広告主体。ぜひこの点を覚えておいていただき、ご自分のサイトやブログで広くテキスト素材を活用してみてくださいね。
posted by tune4112 at 18:29 | Comment(6) | TrackBack(7) | ひとりごと

2007年09月08日

少しでも成果をあげるために

ユーザーは目的があって検索して、
皆様のサイトに訪問します。

皆さんのサイトを3秒間見て下さい!

サイトのテーマや、どんなコンテンツがあるのか、一目で分かりますか?

テーマを絞ることと、どんな内容かが分かることは、とっても重要なことです。


ひとつのページでどんなご紹介をしていますか?

何でもご紹介できるのはすばらしいことですが、
「たくさん情報があり過ぎて分からない!」
ことにならないように、関連した記事や情報を載せていきましょう!

posted by tune4112 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(2) | ひとりごと

2007年07月20日

インプラントって、どうなんでしょうか?

インプラントってどうなんでしょうかね?

乳歯・永久歯に続く、「第3の歯」といわれていますが、
実際のところはどうなっているんでしょうかね?

歯を失った方に聞いてみると、
やっぱり歯の大切さというのを感じるみたいです。

入れ歯を使っても、
噛む力は10〜15%に落ちるらしく、
また違和感も感じ続けると言っています。

インプラントって、人工の歯だから、
やっぱり、しっかりとした歯医者さんにお願いするのが、
一番でしょう!

【PR】インプラント
posted by tune4112 at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | ひとりごと

2007年06月02日

成功する人とそうでない人の違いは?

成功する人と、
そうでない人の違いとは何なのか?

成功する人は、
何か特別なことをしているように思ってしまいますが、
実際はどうなのでしょうか?



成功する人としない人の大きく違うポイントは、

勉強するかしないか、
向上心があるか無いか、

ではなく

行動力があるかないか、
ではないかと思います。

そこが成功するかしないかの
勝敗を決める大きなポイントだと思います。


成功している人を見ていると
「これはいい!」
と思ったことは、次の瞬間すぐに行動に移しています。

よく
「あの人は行動が早い!」
といわれる人がいますが、そんなタイプの方です。


そうです。
成功へのステップの第一歩は動き出すこと。

不安はあると思いますが、
“決断”して、“実行”することが大切なのです。

何も無いところから、
一から新しいものを作り上げるには、
時間もお金もかかってしまいます。

しかし、
もし失敗しても「命」を取られる訳ではありませんからね(笑)
posted by tune4112 at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | ひとりごと

2007年05月03日

誰にでも簡単に反応が取れる

今、何がブームで、たくさんの人が、
何に対して興味を持っているかすぐに言えますか?


たとえば
今は、健康ブームの時代ですね。
世間的には、お金を稼ぐことより
みんな自分の健康や、老後のことを気にしている
と言われています。

「メタボリックシンドローム」
5年前は誰も口にしていなかったこの言葉、
今は日本中、知らない人はいません!

日本人の連帯意識は本当にすごいと思います。

実は、ここに誰にでも簡単に反応が取れる
広告を作るための秘密が隠されています。

というのは、
ニュース性のある言葉を的確に捉えて相乗りするだけで、
小予算で最大の効果を挙げることができるのです。


高反応が取れる理由はこれです。

“お客は既に頭の中にあることに反応する”


なぜお客さんの頭の中にある言葉を使うと
反応が上がるのでしょうか?

逆に考えてみれば、簡単なことです。
お客さんの中に一つの言葉を植えつける為には
沢山の宣伝、広告費が必要になります。

ところが、既に頭の中にある言葉に
相乗りするのはとても簡単なことです。

ニュースには毎日変わる希少性と
知識欲や、知っておかないと
話題についていけないという強迫観念から、
大勢の人にとって、常に気になるものです。

そのニュースの一つに相乗りして、
自分の商品をアピールしてみましょう。
お客さんは自然と視線を向け、
興味を持ってくれることでしょう。

興味のあることの延長線上にあるものは、
興味を持つべきものという判断が自然とされるのです。


これを機会に一度、考えてみてください。
posted by tune4112 at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年04月12日

時間をとるか作業量をとるか

アフィリエイトで成果を出している方に共通しているのが、

「すぐには成果が出ないことを知っている」

ということです。


どういうことかというと、3〜4ヶ月間は成果が出なくても、とくに落ち込むでもなく、慌てるでもなく

「こんなもんでしょ」

といった感じで、淡々とされているんです。


なぜ、3〜4ヶ月も成果が出ないのに、そんなに落ち着いていられるのかというと、やることをやっていれば、いずれ成果が出るのを知っているからです。


スポーツなどもそうですが、昨日、今日練習してもすぐには上手くならないですよね。何年も練習して、やっと人並みになれると思います。


でも、アフィリエイトになると、その認識がなくなってしまうんですね。


アフィリエイトを始めて2、3ヶ月の方から「成果が出ないんですが・・・」という質問を頂くことがありますが、それは、当たり前なんです。


まずは、時間がかかるというのを認識してください。


それでも、アフィリエイトですぐに結果を出したいという方もいらしゃると思います。


そういった方はどうすれば良いかと言うと、普通の人の2倍、3倍努力してアフィリエイトに取り組むしかありません。

普通の人が、1日1ページ書くところを1日3ページ、4ページ書くんです。


私の周りで成功している人は、みんなそうやっています。簡単に稼いでいるように見える方でもすごい努力をしています。


すでに結果を出している人が、努力をしているのですから、成果が出ていない人がのんびりやっていては、一生おいつくことはできないんです。


あらためて、私は、楽して稼ぐといった都合の良い話は、ありえないということを確信しました。


時間をとるか作業量をとるか、私の知っている限りでは、このどちらかを選ぶしかなさそうです。
posted by tune4112 at 12:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年04月01日

落日燃ゆ

ちょっと気になる本です。

興味のある方は読んでみてください。


落日燃ゆ
4103108142城山 三郎

新潮社 2002-03
売り上げランキング : 62634

おすすめ平均star
starご冥福をお祈りします
star流される、、、度胸
star尊い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

落日燃ゆ落日燃ゆ
城山 三郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by tune4112 at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年03月28日

書けば叶う!

「○○日で○○○万円稼ぐ秘密」
「簡単にお金を儲ける方法!」

のような件名のメールを読んでも、
一方的に伝えられるだけのたくさんの情報を
消化することって、できませんよね!

その結果、ただ焦って何も出来ないことってありますよね。



「お客様の利益」


商品があれば、それを欲しいと言う人がいる。
その人を見つけ出して、売っていく。

もしこの方法で売り上げが伸びれば、
お客様も会社も幸せですね。

「お客様の利益を明確に打ち出すことが大事。
あなたが商品の良さや特徴を理解して、その上で
どんなメリットをお客に提供できるか、
そこを語る必要があるから」

それにはまず、自分の商品を知ることが大事。
だから私は稼げなくて、
焦っている方たちに言いたいのです。

「ゆっくりでも良いじゃない。
自分のペースで稼いでいきましょう」


まだ何も手についていないあなたは、とりあえず

「月20万稼げるようになる」

とか、もう商売を始めている人は、

「年収を今の2倍にする」

など、各自自分に合った目標をもって、
これから取り組むと良いですね。
これからの目標を考えて、紙に書いてみてください。

「書けば叶う!」

posted by tune4112 at 12:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年03月27日

気持ちを込めて書いた文

気持ちを込めて書いた文と、書いていない文章では
反応率の差に激しく現れます。

「ありがとう」と言う文字は、
「ありがとう」に変わりありません。

ですが、気持ちを込めて「ありがとう」って書くと
同じ「ありがとう」でも伝わり方が違います。

人と直接会っていれば、声のトーン、表情でわかりますが・・

それは、パソコン上でも直接会っているかのように伝わります。

むしろ直接会っていないからこそ、
そういう部分が伝わるのかもしれません。

結果、反応率が変わります。
売上が10倍くらい変わるときもあるほどです。


商品を買うとき、気持ちのない人から買うのと、
気持ちがこもった人から買うのとどちらから買いたいですか?

こんな質問をすれば、
大抵の人が気持ちのこもった人といいます。

それと同じでパソコンの世界は目に見えないからこそ、
人と会っている以上の気持ちで仕事をすることは極めて重要なのだと思います。
posted by tune4112 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年03月26日

お客様に満足してもらうためには

お客様というのは、
自分の欲しいものがはっきりと分っていないそうです。


「新しい機種」を探しているお客様の心の中は
「新しい機種=最新の機能を搭載している」ということなのか、
「新しい機種=燃費がよく経済的である」かもしれないし、
「新しい機種=流行のデザイン」の場合もあるのです。


ある店員の場合は、
お客様が本当に求めているものを知らないまま商品の説明をし、
また別の店員の場合は、
何を探しにきているのか?という質問をお客様に投げかけています。

この場合、お客様の本当の欲求をより早く聞きだせるのは
二番目の店員ですね。


話す必要はないのです。
悩みを聞くだけでいいのです。

何処で間違えたのか、
“セールス”=“話す、説明する”
ということになっているように思います。


もちろん説明は必要です。
しかし、それはお客様が何を欲しがっているのか、
それが分った後にすることです。

そして、お客様の欲しいものが分ってから
自分の商品では満足していただけないことが
判明する場合もあるでしょう。

そのときは断って、もしできれば他の店や場所を
教えてあげると良いですね。

お客さまをとられて悔しい?
あなたにはあなたのお客様がいます。
焦りは禁物。

お客様に自分の欲しいものではない商品を買ってもらったところで、
お客様に満足してもらうことはできません。

それならば、今は良い関係だけを保っておいて、
本当に、商品が欲しい時に買っていただいて満足してもらうのが
一番良い方法だと思います。
posted by tune4112 at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年03月21日

WhyではなくHowで考えろ

「WhyではなくHowで考えろ。そしたら正しい答えが出る」

たとえば、何か問題が起きたとき
「どうして?」と
起きてしまった問題のほうに向かって考えるより、
「どうすれば?」と、
これ以上問題が大きくならないように、
又は、何か別の手を考えて行動していく方が、
失敗は最小限にとどめることが出来ますね。

この「Why」or「How」の選択は、無意識にしている事だと思います。
あるときは「どうして?」又あるときは「どうすれば?」と。

でも、もし今からすべての問題に対して
「どうすれば?」と意識的に考えていくことが出来れば、
成功への近道をたどっていける・・・と思いませんか?

まだ「どうして稼げないのか?」
と自問自答している人は
今日から「どうしたら稼げるのか?」
と言葉を変えてみてはいかがでしょうか?

良かったら試してみてください。
posted by tune4112 at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年03月06日

自分の中の軸をしっかりともって

皆さんは占いを信じますか?

占いを否定する人がいます。

どうしてそこまで否定するのかな、
というくらい否定する人がいます。

「占いなんかにすがるもんじゃない」

とその人は言いますが、
その人が占いを「すがるもの」と決め付けているのであって、
占いをうまく活用している人が多いのもまた事実。


「科学」とは、現象が必ず先にあって、
そこに“人”が法則を見出すものだと言います。


だとするならば、
データ不足かもしれませんが統計学的な要素の強い占いも
立派な“科学”であると思うのです。

立証されたはずの科学が裏返ることもあれば、
これから立証されることもたくさんある、
というのが自然です。


自分が思いも寄らないことを、
第三者がスパッと切るようにいってのける占いが快感です。


『確かにそういう見方できる!すごいッ!!』






『この瞬間、現在を自分の中の軸をしっかりともって
生きていさえすれば、いつ、何をやったってうまく
行く』んです。

全てを占いで決めていたら大きなチャンスを
逃してしまいます。



私たちはときに、
過ぎ去りし過去に対して必要以上に思いをめぐらせます。

「あの時ああしていたら」
「あんなことをしなければ」

同時に、
未来に対しても同じように
必要以上に思いをめぐらせることがあります。

「こんな風になりたいな」
「今みたいじゃなくあんた生活を送りたいな」


でも、


「この瞬間こうありたい!」


という縦にスカーンと突き抜けるような気持ちで何かを
考えることって案外少ないような気がします。


「この瞬間、この瞬間...」



この一瞬一瞬自分を突き抜ける「思い」


そういうものを意識しなければならないんですね!
posted by tune4112 at 17:34 | Comment(1) | TrackBack(6) | ひとりごと

2007年02月26日

思うような結果を出すためには


ビジネスにたずさわっているならば、達成度合いの差こそあれ、
全ての人が何らかのいい結果を出したいと思っているはずです。


それは、社長であれ、営業であれ、経理であれ、企画であれ
どんな役割の人でも同じでしょう。


時として、
自分が理想とする結果が出ないのは、
単純な理由があります。


単純すぎて、驚くかもしれませんが、
結果が出ない人に最も欠けていることです。



それは、「意識する力」です。




多くの人は、
望んでいることはたくさんあるものの、
望む結果を出すために、意識を集中していません。


それは、その結果を生み出すための時間かもしれません。

あるいは、

スキルかもしれません。

知識かもしれません。

実践量かもしれません。

いずれにしても、
その結果を生み出すために「意識を集中」していないので、
想うような結果が出ないということではないでしょうか。


であるならば、
想うような結果が出ていないのであれば、
意識の集中レベルがまだまだ甘いのかもしれません。


多くの方が、「こんな話わかっている」
そう思われるかもしれません。

しかし、わかっていてもできないことはたくさんあります。

できていなければ、
どれだけ“わかっている”ことがあっても、
意味がありません。

目新しいことに真実を探すよりも、常に自分の
足元や既知のことにヒントがあります。
posted by tune4112 at 08:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年02月21日

楽に文章を書く方法

ブログでも、
日記でも、
ニュースレターでも、
よし、書くぞ!と決めても
ぜんぜん前に進まないなんてことよくありますよね。

実は楽に文章を書く方法があるのです。

この方法は、
書くことだけではなく、
アイデアを出したい等何にでも使えることです。


この秘訣は、すごく簡単です。

毎日書くことです。


実は、
1週間に1回、2週間に1回書くより
毎日書くことの方がはるかに楽なんです。


例えば、

英語を勉強しようとしたとき、毎日やっていると思考が英語
モードに常になっていると思います。

そうすると、覚えも早いし、勉強するのも楽しいです。

それと同じで、
常にスイッチがオンになっているような状態を
いかに作るかがポイントなのです。

文章を書くことも常にオンの状態にしておくと、
見るもの触るものがネタにつながり、
アタマの中で、
いくつもの文章の構想が勝手に出来上がるのです。


英語の例でいうならば、1週間に1回勉強しようと思うと、
英語モードにオンするまでに時間がかかります。

文章もそれと同じで、
オフの状態に常になっていると
書こうと思ったときには、
まずはネタ探しから、
文章の構成から、
少しずつ暖気運転をしていかないといけないので、
時間がかかり、
書けないということになってしまうのです。


例えば、

起業のアイデアでも同じで、
1週間に1回5時間考えるぞってやるよりも、
毎日1時間を続けた方がはるかに、
いいアイデアも出るし、
いい計画が書けるのです。

1週間に1回「どっ」とやるよりも、
毎日ほんの少しでもいいから何かをやる習慣を作り、
オンの状態を作っておくことが大切だと思います。
posted by tune4112 at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年02月18日

魚の気持ちを考えよう!

「魚を釣りたいのなら、魚になれ。
魚になって魚の気持ちを考えよう
そうすれば良いコピーが出来る」

常に的をえた言葉ですが、
それを実行するにはなくてはならないものがあります。

何だと思いますか?

それは気持ちに余裕を持って
短くても、じっくり思案する時間です。

なったこともない、魚の身になるのですから、
あせっていては、良い結果は得られないでしょう。

斉藤孝さんもこのように言っています。

「周到な準備なく突き進むのは、
前向きではなく向こう見ずである」


「私は魚を釣るのが上手い!」と思っている人と

「魚はどういう状況のときに餌に食いつくのか?」と考えている人と
どちらが早く沢山の魚を釣れるようになるでしょう?

答えは明白ですね。
考える行為は楽なものではありません。

しかし、それなくして成功者への道はないのです。
posted by tune4112 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年02月16日

好きなこと

仕事を楽しめないほとんどの人は、
今の仕事からの目を離し、
別のことに楽しみをみつけようと思うことです。

例えば、

大好きなことを仕事にしよう!
大好きなことをすればもっと上手くいくはず。

っていう考えです。

もちろん、大好きなことをすることによって、
楽しめることはありますが、
大好きなことをやって仕事を楽しむということは、
すごく難しいことなのです。

元トップレーサーの人が以前、
雑誌のインタビューで、こんなことを言っていました。

レーサーだから車の運転が大好きだと思いますよね。
でも、それが大違い! 

このレーサーはなんと言ったか?

休みの日に車を運転する気になれない。



そこまで集中しているからこそ、こんな気持ちになるんです。


大部分の人は大好きなことをやって、
大好きだったはずのことが嫌いになります。

そのような人をたくさんみてきました。

ですから、
私は自分が大好きなことをやろうとは考えません。

どんなことでも好きになる努力と
好きになるような工夫をします。



自分の考えを伝え、
そこに共感をしてくれる人がいることは大変刺激的です。

だから、自分が何が大好きか?なんてことは私は考えません。

今やることに集中し、
好きになる努力と工夫をした方が面白いと思うからです。

その方が自分にとっては楽です。

大好きなものを発見するより、
何でも好きになる能力の方が、大切だと信じています。

自分が何が好きな仕事なのかわからない。

だから、仕事が楽しめないという人には、
好きなものを発見するよりも、
好きになる努力の方が重要だっていいます。

だって、どんなに大好きなことをやっていたとしても、
嫌いなことってたくさん出てきますから。
posted by tune4112 at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年02月10日

深く、広く、具体的に悩みを捕らえる

売れるサイトに共通するキーワードは、
「悩み解決」です。

売れているサイトには
「深く、広く、具体的な悩みに応える」
というストーリーが隠されています。

その悩みを解決する度合いが深ければ深いほど、
売れるサイトになっていきます。

よって深く、広く、具体的な悩みを見つけることが、
売れるサイトになるための近道と言えます。


サイトを作成するとき、
とかくキーワードだけに拘ってしまいがちですが、
キーワードから作成したサイトは味気ないサイトになってしまいます。

しかし逆に、
普段の生活の中で見出される具体的な「悩み」について
深く「悩み」解決を掘り下げていけば、
結果として、より具体的に、より明確なサイトに仕上がります。

またキーワードもより明確になっていくため、
その「悩み」を解決したいという訪問客が増えて、
成約率も高いサイトとなっていくことと思います。

posted by tune4112 at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年02月07日

希望を叶えるための戦略

「希望を叶えるための戦略」を発見していくには、
いつもと違った考え方をすることが必要となります。

次のこの一言が、そのことを上手表現していると思います。


「成長とは変化のことである」

成長したければ、今の状況から抜け出すための変化をしなくてはならない。
その変化が、一般的なものの考え方ではなく
時には非難されるようなことがあったとしても
自分の正しいと思った考えを突き通せるほどの
強い意思をもって立ち向かっていって欲しい。

変わるためには、それまでと違った努力が必要です。
なぜなら、人の思考は自然に変化するものではないからです。

そしてそれは、逆の発想で言えば思考さえ変化させれば、
成功できる。ということになります。

もし今成功していないのであれば、
それは成功するための思考をしていないことが原因
ではないでしょうか?

それでは、成功するためには思考を変化させるだけで良いとするならば、
なぜみんなが成功しないのでしょうか?
その答えはアルバート・アインシュタイン氏
のこの発言に現れています。


「考えるということは大変なことだ。だから考える人間はほとんどいない」

私はあまり考えることが大変なことだとは
今まで思っていませんでした。
でもそれは、今まで適当なことしか考えてなかった
というだけのことなんだと気が付きました。

“考えること”とはそれほど奥が深く難しく
その効果も大きいものなのですね。

それに続く熊谷正寿氏の言葉をもうひとつ。

「習慣は人格を作り、人格は運命を作る」

もし本当に考える力がつき、
それを習慣にすることが出来たら
夢への距離は今よりずっと縮まると思います。

posted by tune4112 at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年02月03日

ブログのカスタマイズ

アドセンスはサイトの作り方ひとつで、収入はまったく変わってきます。
サイトの構成や作り方で、クリック率が変わってくるからです。


アドセンス広告のクリック率を上げることは、
アドセンス収入に直結します。


たとえアクセスが少なくても、
クリック率が高ければ十分稼げるのです。


アドセンス広告をクリックしていただくためには、
クリックしてもらえる環境を作るということが重要です。


例えば訪問者の目につくところに広告が表示されていなければ、
クリック率は下がってしまいますし、
どこに広告があるのかわからなければクリックすらされません。


広告の表示位置の問題だけではなく、
ブログ全体の色使いや画像が多過ぎるなど、
明るく賑やかな自己満足系ブログでは、
訪問者が疲れてしまいますよね。


シンプルに、コンパクトに、これが訪問者に優しいブログであり、
アドセンス広告のクリック率を上げるポイントです。


このようなアドセンスブログを作る方法のひとつに、
ブログカスタマイズがあります。


アドセンス広告のクリック率を上げるために効果的に、
ブログをカスタマイズしなければならないのです。


カスタマイズの際のポイントは、
アドセンスを広告だと思わせないことです。


例えば、
アドセンスをブログ内のコンテンツの一部のように見せることができれば、
いかがでしょうか。


明らかに広告だとわかるものはクリックしませんが、
それが一見ブログのコンテンツのように見えればクリックされるのです。


アドセンスを広告に見せない工夫をするだけで、
クリック率は飛躍的に上がり収入も何倍にもなるでしょう。
posted by tune4112 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。