情報 無料レポートで情報起業!

< スポンサードリンク >

2006年12月14日

よい情報商材を見つける方法

ある情報が非常に気になり「購入しようかなぁ〜」・・・
と良く悩む時があると思います。

購入して見て大失敗!
というケースも多々ありますよね(私もかなりありました・・・)

では、
どうしたら失敗せずに
自分のためになる有益な情報を購入できるのでしょうか?

オススメする方法としては、
情報商材をしている方は大抵メルマガを発行しています。

まずそのメルマガを何となくでもいいですから
読んで見る事をオススメします。

すぐには解らないかも知れませんが
その方の人格みたいなものが見えてくるはずです。

本当に有益な物をリリースして皆さんに喜んでもらい、
「自分も長く活かされる」と言う関係が解っている方は
煽ったり、騙したりしません。

なぜなら自分が長く活かされたいからです。

もし、情報購入に困ったら
その作者にメールして見るのも良いかも知れませんね。

良い商材をリリースしていらっしゃる方は
メールの対応も親切ですし真剣です。

お忙しい中でも適切にお返事してくれるはずです。

ですから、まずは失敗しないためにも
情報よりもその作者はどんな人?
を探るのが良い方法ではないかと思います。




posted by tune4112 at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報

2006年11月15日

『 売れる&儲かる!ニュースレター販促術 』

『 売れる&儲かる!ニュースレター販促術 』

の出版記念が16日・17日の2日間で行われます。



「ニュースレター」とは…?

飲食店や美容室といった小さなお店が発行する販売促進ツールのことです。
 
「○○新聞」「○○かわら版」といったタイトルで、
お店の裏話やスタッフさんの個人的な話を書き記すことで、
お客様とのコミュニケーションを図ることができるツールといえます。
 

最近「ニュースレター」を使った販促策で商売繁盛しているお店が増えており、
各業界内(飲食店・美容室・工務店・歯医者・ディーラー・保険会社など)
で、非常に注目度が高まっている販促ツールです。



真剣に商売をされている方にとって、かなりお得な情報です。

忘れないうちに以下よりご注文ください。

             ↓  ↓  ↓

----------------------------------------------------------------
販促書籍『 売れる&儲かる!ニュースレター販促術 』1680円(税込)
----------------------------------------------------------------
出版を記念して【 アマゾン(amazon)キャンペーン 】を開催します。

11月16日(木)・17日(金)の2日間に、書籍をご購入いただいた方全員に
「4つの特典」(全て非売品)をプレゼントいたします。

総額2万円以上の特典を入手できるのは、この2日間だけです!
         ↓↓↓
⇒ http://www.newsletter.jp/modules/liaise/?form_id=10
-----------------------------------------------------------------


この書籍は、高田靖久 氏と
⇒ http://www.mag2.com/m/0000179578.html

米満和彦 氏
⇒ http://www.mag2.com/m/0000111477.html

お二人の協同出版です。


そして、気になる「4つの特典」は以下のものになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第1弾特典!(著:米満和彦)11月20日配信
■明日から即実践可能!お客様をファン化させる最強の「仕掛け」

第2弾特典!(著:高田靖久)11月30日配信
■泣く泣く書籍に掲載できなかった効果バツグンの販促手法!
 「売り込みダイレクトメールの反応率を【4倍】に引き上げる方法」

第3弾特典!(著:米満和彦)12月10日配信
■未定(乞うご期待!)

第4弾特典!(著:高田靖久)12月20日配信
■経営者対象に年70回セミナーを行う講師がコッソリ明かす…
 「私だけが知っている。【成功した経営者】の共通点」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「4つの特典」はいずれも“現場”から生まれた商売繁盛ノウハウで、
これだけでも総額2万円以上の価値があります。


一般消費者を相手に商売している小売業の方にとっては
これだけでも大変貴重なノウハウ情報となるものです。


※1冊ご購入で、第1・2弾特典をプレゼント。
※2冊(以上)ご購入で、全ての特典をプレゼントいたします。


忘れないうちに以下よりご注文ください。

             ↓  ↓  ↓

----------------------------------------------------------------
販促書籍『 売れる&儲かる!ニュースレター販促術 』1680円(税込)
----------------------------------------------------------------
出版を記念して【 アマゾン(amazon)キャンペーン 】を開催します。

11月16日(木)・17日(金)の2日間に、書籍をご購入いただいた方全員に
「4つの特典」(全て非売品)をプレゼントいたします。

総額2万円以上の特典を入手できるのは、この2日間だけです!
         ↓↓↓
⇒ http://www.newsletter.jp/modules/liaise/?form_id=10
-----------------------------------------------------------------


posted by tune4112 at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報

2006年10月29日

思う結果が出せる人

あなたは、思うような結果を出していますか?

「もちろん!」

という方も

「全然ダメだ」

という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、結果の出る人と、出ない人の差は紙一重です。

結果が出ない理由を挙げてみると、

・単純に行動していない
・考えてから行動する
・次から次へと手法を変える
・結果の出ないことを、第3者に責任転嫁する
・人の結果を確かめた後で行動する
・期日を決めない
・目的を持っていない

・・・・・etc

●単純に行動していない

何もしなければ、何も得られません。

●考えてから行動する

この様な人は、まず行動しません。

考えているうちに恐怖というか、問題点などのリスクばかりに視点が向いてしまうために、結局行動しないまま終了してしまうからです。

行動しながら学習する習慣をつけないと、結局「何もしなかった」という繰り返しになります。

●次から次へと手法を変える

「あれがいい」と聞けば、その方法を試し、「これもいい」と聞けばその方法にも飛びつく。

儲け話があると飛びつき、ダメだったら別の儲け話に飛びつく。

目先の事しか考えていない人は、次から次へと目移りします。

結局、全てが中途半端なので、当然結果はついてきません。

ビジネスというのは、基本となるベースがあってこそ結果が出るものです。

そのためには、自分に合っていると思う手法と出合ったら、徹底的に実践と検証を行い、結果を出すことです。

ベースとなる手法を一つでも身につけていると、更に効果を出すために別の手法を取り入れたとしても、応用するだけで簡単に高い結果を出すことは可能になります。

●結果の出ないことを、第3者に責任転嫁する

「このツールが悪い」とか

「景気が少し悪いからね」とか

・・・・・結果が出ないのは、全て自分の責任です。

責任を第3者に転嫁する暇があったら、結果が出なかった原因を確認すべきです。

一所懸命に悩んだら、「あら?意外と単純なことで躓いていたんだ」という気付きがあるものです。必ず気付きは得られます。

●人の結果を確かめた後で行動する

結果が出ない人の典型的なパターンですね。

「あの時、しておけば良かった・・・」と悔やんでも後の祭り。

ある分野で成功者が多くなると、必ずライバルは増えていきます。

その結果、マーケットは飽和状態になります。

身近な例でアフィリエイトがいい例ですね。

先行者は、大きな成果を収めている一方で、後発組の大半は苦戦を強いられているのが現状でしょう。


「あの時、しておけば良かった・・・」とならないために、行動しな
がら学習することです。

すると、その分野でのノウハウは蓄積されていきますし、ノウハウをコンテンツとして、後発組へ販売することもできます。

●期日を決めない

思うように結果を出すことができない人は、この期日を決めていない割合が高いです。

「○年○月○日までに、売上1000万円」

「今年中に売上1000万円」

どちらが的確でしょうか?

前者であることは間違いありません。

期日を決めれば、その日までに必ず目標を達成するための行動を起こさなければならなくなります。

例えその結果失敗したとしても、行動していないよりは100倍も200倍もましです。

期間は、長いより、短い方がいいです。

スパンが長くなれば、うやむやになるケースが多いからです。


●目的を持っていない

つまり、

「人が儲けているから、オレもやろう」

「○○○は儲かるらしいから、オレもやろう」

ということです。

何かを行なうことは良いことですが、目的のないビジネスで結果を出すことはできません。

「どうして儲けたいのか?」

「何を目的に参入するのか?」

「なぜそのビジネスをしなければならないのか?」

目的がなければ、何をしていいか分かりませんよね。




posted by tune4112 at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報

2006年10月24日

あなたの・・・

インターネット社会になって、
物事の進むスピードがどんどん早くなっています。


昨日まで流行っていたものが、明日には見向きもされない。


なんて、よくある話・・・


私たちは情報の波にのまれて、進む方向を見失わないよう
自分の軸をしっかり持って取り組まなければいけません。



わかってはいるけど、

なかなかうまくはいきませんが・・・(笑)



迷ったり、悩んだりするのは人間ですから当たり前。
ただ、できるだけそういう時間は短いほうがいいですよね。



そんな時、自分の進む方向を探す方法をお伝えいたします。

それは、ズバリ!


『 大 変 そ う な 道 を 選 ぶ こ と で す 。 』


※自分に負荷をかけるということ。




あなたにはあなたのステージがあります。

それぞれの人生のステージによって課題があるわけです。


その課題に一生懸命に取り組み課題をクリアしていく、
また壁が立ちはだかり、またクリアしていく。


その課題をしっかり取り組むことにより、
自分が大きく成長できるわけです。


あなたは成長するために必要な負荷をかけていますか?



posted by tune4112 at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報

2006年10月14日

日本のインターネット環境は・・・

今では自宅や職場だけでなく、歩いている時でさえピコピコ、パソコンや携帯でインターネットをしているのをよく見かけます。

つい一昔前までは、このような光景は違和感があったかもしれませんが、いつしかそれが当り前の環境となり、今では意識して見る事はなくなりました。

あなたは時代がインターネット中心に変わったことにお気づきでしょうか?

今、日本のインターネット人口は7000万人を超えています。
(インターネット白書2006)⇒ http://www.iajapan.org/iwp/

日本の人口が1億2000万人位ですから、
全人口の半分以上がインターネットを使っている計算になります。

さらに、インターネット世帯浸透率(利用場所、接続機器を問わずインターネット利用者がいる世帯の比率)は85.4%となり、昨年の82.8%から2.6ポイント増加しています。

10世帯のうち、8世帯以上が何らかの形でインターネットを使っているのです。

インターネット世帯普及率(「勤務先/学校のみ」「携帯電話/PHSのみ」を除き、自宅の機器でのインターネット利用者がいる世帯の比率)は57.3%となっています。

つまり、今やインターネットは日本人の生活の中に浸透し、必要不可欠なものとなっているのです。

これはしっておく必要のある情報ですね。
posted by tune4112 at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。