新潟・長野地震について 無料レポートで情報起業!

< スポンサードリンク >

2007年07月16日

新潟・長野地震について

もうびっくりしました。
10時13分頃の「新潟・長野地震」!

マグネチュードが6.8、震源の深さが12キロ程度。
これは被災に見舞われた方にとっては、
おそろしいことだったのではないでしょうか。

先日の台風・今回の地震と
新潟方面はひどい災害が続いています。

また被災地に親兄弟・友人・知人がおられる方、
すごく心配でしょうね。

しかし連絡しようにも、
連絡がつかない状況が続いていると思います。
心配は募るばかりです。

伝言ダイヤルに関して、
少し調べてみましたので、ご参考にしてください。

------------------------------------------------------------
被災地の住民は、電話番号171に電話し、自宅の電話番号などをキーにしてメッセージを登録し、被災地以外の関係者はやはり電話番号171に電話し、被災地宅の電話番号を入力してメッセージを再生するものであります。

電話の輻輳状態が5日間も続いた阪神・淡路大震災をきっかけに開発され、1998年3月31日から稼動を開始した。

実際の開設第一号は、1998年8月27日の栃木県・福島県の集中豪雨(8月30日には茨城県も追加)で、2003年までに、13回開設された。

なお、次の日時には、体験利用が可能となる。

毎月1日 0:00〜24:00
正月三が日(1月1日0:00〜1月3日24:00)
防災週間 (8月30日9:00〜9月5日17:00)
防災とボランティア週間 (1月15日9:00〜1月21日17:00)
また、上記以外に地方公共団体主催の防災訓練で、エリアを限定して体験利用を可能とする場合がある。

該当日に実際に災害が発生した場合には、体験利用ができなくなることがある。

【伝言の条件等】
録音時間 1件当たり30秒間
保存期間 録音後、2日間(48時間) (※なお、保存期間を過ぎると自動で消去される。)
蓄積数 1電話番号当たり10件まで
なお、伝言登録エリアまでの通話料が掛かる。

(ウィキペディアより)
---------------------------------------------------------------

【PR】地震が起こる前に備える:池の水が飲料水になる

posted by tune4112 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48044023

この記事へのトラックバック

童貞
Excerpt: おれも昨日までそうだったけど(笑) しかも34マンで買ってもらえましたが(笑)
Weblog: 童貞とか恥ずかしいし(笑)
Tracked: 2007-07-18 11:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。